新着情報詳細NEWS

水道スマートメーターの共同研究について(横須賀市との共同記者会見)

2015/10/21

横須賀市と第一環境株式会社は、水道スマートメーターの共同研究実施に係る協定を締結し、横須賀市をフィールドとした水道スマートメーターの実証実験に取り組みます。
スマートメーターの研究・検証は電力・ガス分野では盛んに行われていますが、水道分野では開発・研究が遅れています。
今回の実験では、スマートメーター用の通信規格である「Uバス」を採用した水道スマートメーターを新たに開発し、最新の無線通信技術である「Uバスエア」を搭載した無線機と組み合わせることにより、メーター指針値の一斉取得など検針の自動化に向けた技術を検証します。
また、スマートメーターに詳細な水量データを記録できる機能を利用して、独居高齢者世帯向け見守りサービスなど新たなサービスの研究を予定しています。
実験の概要は、以下のとおりです。


 

1.実験期間(予定)
平成28(2016)年4月~平成31(2019)年3月

 

2.実験規模
約200世帯の一般住宅(戸建)に水道スマートメーターを設置

 

3.実験内容
メーター検針の自動化・水道使用量の「見える化」・独居高齢者世帯向け見守りサービス・漏水の早期発見・通知などスマートメーターの性能を活かした各種サービスの実現に向けた技術開発・検証

 

4.協定締結者(役割)
・第一環境株式会社(実験主体・技術開発)
・横須賀市(フィールド提供)


 

◆共同研究の概要
フィールドでの実験に先立ち、メーカーにご協力頂き、平成28年度をめどに「Uバス」を採用した水道スマートメーターの開発、並びに計量法に規定する型式承認を取得します。
型式承認取得後、対象地区の一般住宅約200世帯を対象に、「Uバスエア」搭載の多段中継無線機を接続した水道スマートメーターを設置します(平成28年度下半期予定)。
その後、平成29年度にかけて約1年間、水道スマートメーターに記録された使用水量データを多段中継無線機経由で収集し、平成30年度は収集したデータの分析と報告を行うと共に、新たなお客さまサービスの実験を行う予定です。

 

151021共同研究の概要

 

◆京都大学 原田教授からの支援・協力
上記実験に先立ち、京都大学 工学博士 原田博司教授の支援により、実験対象地区の一部世帯を対象に予備実験を実施する予定です。
本予備実験はWi-SUNの規格に準拠した920MHz帯特定小電力多段中継無線機を水道メーターボックス内に仮設置し、電波強度・伝送特性の測定調査を行うものです。
原田教授からは、この調査結果をもとに水道スマートメータシステムにおける通信方式に関する技術指導を受ける予定です。
また、水道スマートメーターとHEMS(Home Energy Management System)などの家庭内機器を接続し、水道使用量の「見える化」を実現する実験において、技術指導などご協力をいただく予定です。

 

◆実験の詳細に関するお問い合わせ先
新事業推進室:芝
TEL:03-6277-7579(直通)
e-mail:takuya.shiba@daiichikankyo.co.jp

PAGETOP