新着情報詳細NEWS

商用環境でNB-IoTを用いた水道メーター検針の実証試験を実施

2018/10/10

水ing株式会社
第一環境株式会社
愛知時計電機株式会社


.水ing株式会社(社長:水谷重夫、本社:東京都港区)、第一環境株式会社(社長:亀井聡、本社:東京都港区)及び愛知時計電機株式会社(社長:星加俊之、本社:愛知県名古屋市)は、神戸市水道局の協力を得て、ソフトバンク株式会社が提供する、IoT デバイス向けの LTE 通信規格である NB-IoTサービスを利用して、神戸市内にて水道メーターボックス内からテスト用検針データを直接サーバーへ送信する実証試験を実施し、神戸市須磨区の広域にわたり通信が可能である事を確認しました。
.
NB-IoT通信は、既存のLTEネットワークを活用できるため広いエリアをカバーすることが可能となるほか、通信に必要な電力を抑えられ、バッテリーを長持ちさせることができることから、水道・ガスメーターの自動検針に適しており、業務の更なる効率化に資する技術として期待されています。
.
本実証試験に参加した各社は今後とも実用化に向けての様々な取り組みを通じて、水道事業の効率化のさらなる発展に尽力して参ります。


【お問い合わせ先】
水ing株式会社 広報部(電話…03-6830-9075/メールアドレス…pr.news@swing-w.com)
第一環境株式会社 営業部(電話…03-6277-7920/メールアドレス…sales@daiichikankyo.co.jp)
愛知時計電機株式会社 経営企画室(電話…052-661-0567/メールアドレス…ccs@inet1.aichitokei.co.jp)

PAGETOP